本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

どっちが良い?低分子と高分子

低分子・高分子の2種類が存在するフコイダン。ここでは、どちらがより体内に吸収されやすいかという問いについて、フコイダンの性質についての説明を交えながら解説しています。

低分子か高分子とは

低分子・高分子の違いは、フコイダンを構成する分子量の大きさにあります。

全ての物質は分子が集まってできたもの、ということはご存知ですよね。
例えば水は「H2O」という分子の集合体で、分子量は水素分子Hが1、酸素分子Oが16であるため、1×2+16で18になります。

おおよその目安として、分子量が1万以上の物質は「高分子」であるとされていますが、明確な基準はありません。「低分子」については、どの程度の分子量ものをそう呼ぶか、分野によっても異なってきます。

フコイダンの本来の姿は、紛れもない高分子。分子量が10~20万という、非常に大きな物質です。しかし、人間の消化管から吸収できる分子の大きさは3,000~4,000ほどであると言われています。そこで、高分子のフコイダンに改良を加え、分子量を3,000程度に小さくしたものが、低分子フコイダンなのです。

それでは、高分子フコイダンを摂取しても意味がないのでしょうか。低分子フコイダンを選ぶべきなのでしょうか。実は、高分子・低分子どちらのフコイダンも、基本的には体内に吸収されることのない物質です。どちらが良いのか、という議論は、まったく意味がないのです。

フコイダンは多糖類の一種

フコイダンは、化学的に分類すると糖類の一種です。ここで糖類について少しだけ復習をしておきましょう。

糖類は大きく分けて4種類あります。単糖、二糖、オリゴ糖、多糖です。高校時代に習ったという人も多いでしょう。これら4種類のうち、人間の消化器官を通って体に吸収されるのは単糖のみ。残りの3種類は、体内に消化吸収されることはありません。

では、フコイダンはどの種類に含まれるのでしょうか?答えは多糖です。多糖は、分子を100分の1にしても、100000分の1にしても、その性質上、体内に吸収はされません。一部の多糖類は分解された上で体内に吸収されることもあるのですが、フコイダンは分解されることがないため、そういったこともありません。

以上をしっかりと理解しておきましょう。

体内に吸収されるプロセスとは

消化管で吸収することのないフコイダンが人間の体内で効能を発揮するには、以下の2つのプロセスがあります。

1. 腸内菌に取り込まれる

一部のフコイダンは、腸内で腸内細菌に取り込まれることがあります。植物繊維と同様の吸収プロセスです。腸内細菌に取り込まれたフコイダンは大きな栄養源となり、腸の働きを活性化させると考えられています。

2. 消化管壁をすり抜ける

一部のフコイダンは、分解されないそのままの形で消化管壁をすり抜け、血液の中に入っていくことが研究により判明しています。
これはアレルギー反応物質の侵入プロセスと全く同じなのですが、フコイダンは血液中に侵入してもアレルギー反応を起こすことはありません。こうして血液中に混ざったフコイダンが、効能を発揮していると考えられています。

この2つのプロセス以外にも、消化管の中にフコイダンを吸収する受容体があるのではないかという説がありますが、解明には至っていません。さらなる研究が待たれるところです。

フコイダンは低分子・高分子に関係なく、これらのプロセスで体内に取り込まれます。「低分子だから吸収されやすい」という宣伝文句に惑わされることなく、自分に合ったサプリや摂取方法を見つけましょう。

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る