本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

そもそもフコイダンって?

ここでは、フコイダンとは何かを詳しく説明いたします。

フコイダンとは何か

フコイダンとは何か

今話題の成分フコイダンは、ワカメやコンブ、メカブ、モズクなどの海藻類のヌメリに多く含まれる天然成分であり、粘質多糖類の一種です。

激しい海流の中で生きる海藻は過酷な環境の中にいます。その身を守るために効果的な成分を自らがつくりだし、大切な役割をしています。

ひとつは、バリア機能。海藻を覆うヌメリが膜となり、例えば引き潮などで海面から出てしまっても乾燥を防ぎ、細菌からも身を守ります。

もうひとつは、修復機能です。砂などによってキズがつけば、その部分にネバネバ成分がでてきて傷をふさぎ、悪化しないように修復をし、菌が入らないように守ります。

今から100年ほど前、1913年にスウェーデンの研究者によって研究されて、海藻の中からフコイダンという成分が発見されました。

構造としては「フコース」と呼ばれている糖と硫酸基が結合し、連結しているものを「フコイダン」と呼ばれています。

人の体には、免疫力アップ・血液サラサラ・抗酸化作用などの優れた効果があるとされています。

まだ研究段階のようですが癌への効果も期待されており、多くの方が健康のために取り入れはじめているのです。

種類によって保有量が違う

海藻はそれぞれヌメリ成分、フコイダンを保有していますが、特に多いのは、モズクであると言われています。

しかし、だからといって海藻を毎日食べても、フコイダンを摂取することは大変で、必要な量を取り入れるには、なんとバケツ何杯も食べなくてはならないそうです。

しかも、人の体には海藻を分解するという消化酵素が備わっていないそうで、普通に食べたのではほとんど体内には吸収されないとのこと。

サプリメントは、人の体に吸収しやすいように開発されているため、手軽に多くの量を取り入れるできる方法なのです。

海藻のフコイダン含有量

海藻名 フコイダン含有量
※1kgあたりに含む量の目安です。
モズク 250g ※モズクが一番多いのが分かります!
ガゴメコンブ 40g
メカブ(ワカメ) 80g
マコンブ 15g
フーカス
(ヒバマタ)
70g
アスコファイラム
(ヒバマタ)
110g
フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る