本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

胃を守る

フコイダンが胃を守ってくれるその理由

フコイダンは医薬品ではありませんし、これさえ摂取していれば胃の健康を保てる、というものでもありません。しかし、フコイダンが胃を守ってくれると言われるのにはちゃんと理由があるのです。

フコイダンの胃を守る作用にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

頑固なピロリ菌を取り除くと期待されているフコイダン

フコイダンは胃炎や胃潰瘍、胃がんなどのリスクを上昇させるピロリ菌を胃の外、腸に押し出すことができます。

ピロリ菌は一度感染するとほとんどの場合ずっと胃の中に住み続ける非常に頑固な菌類です。

胃の中には強い酸性の胃酸があるにもかかわらず、ピロリ菌は酵素を作り出して自分のまわりを中性に保つことで胃の中に適応しています。

そしてピロリ菌が出す酵素そのものが胃の粘膜を傷付けたり、またその傷を察知した身体の免疫反応で胃に炎症が起こったりします。胃のトラブルが繰り返してしまう人は、ピロリ菌に感染していることが多いのです。

そしてフコイダンには、この ピロリ菌を減らす効果があることが分かっています。なぜフコイダンは胃に住み着くピロリ菌を減らすのかというと、フコイダンの硫酸基が胃粘膜に住み着くピロリ菌を吸い付けるからです。

胃の粘膜の性質はフコイダンの硫酸基とよく似ています。つまり、ネバネバしている粘液をピロリ菌は好むのです。

フコイダンが胃に入って一度フコイダンに引きつけられれば、ピロリ菌は胃壁にしがみつくことができず

フコイダンとともに腸に流されてしまうのです。

フコイダンのネバネバがピロリ菌を包み込んでしまえば、あとは腸を通して体外に排出されます。

フコイダンによってピロリ菌の数を減らすことができれば、ピロリ菌が原因になっている胃のトラブルは減っていきます。

ネバネバ成分が胃の粘膜を守ってくれる

健康な胃

胃壁の一番内側は粘膜層で覆われていて、粘液糖タンパク質を主成分にしています。

胃粘液は、強い酸性である胃酸から胃粘膜を守る役目を持っています。そして

フコイダンには胃の粘液を守る、抗ペプシン作用があると言われています。フコイダンのネバネバは胃粘液の変わりになって胃を守ってくれる作用があるのです。

胃潰瘍の患者にフコイダンを投与したところ、症状の改善に効果があったという実験結果があります。

またこの論文では治療の難しい胃排出能障害の患者にもフコイダンを投与した実験結果が乗せられていて、胃の内容物が減少したことが認められています。

参考:『沖縄モズク由来フコイダンの性状、定量法および効果について』長岡正人、上山貞夫、柴田英之、高木逸子、相山律男、橋本秀介・株式会社ヤクルト本社中央研究所

食物繊維が胃腸の働きを整える

食物繊維が悪玉菌を減らし、善玉菌の増えやすい環境を整えるという話は有名です。

フコイダンは、食物繊維が豊富でおなかに優しい食物だと言えます。ただ、胃を守ることを考えた場合、ただフコイダンをとればいいというわけではありません。

フコイダンの摂取するには、食べ物からでも可能です。納豆昆布やモズク、だし昆布など、日常から気軽に取れる食品の中にしっかりフコイダンは含まれています。

そもそも海藻類は、水溶性食物繊維なのか、不水溶性食物繊維なのかと疑問を感じたことはないでしょうか。答えは「両方」です。

フコイダン、そしてフコイダンと同様にネバネバ成分を構成するアルギン酸は水溶性です。

しかし、昆布の乾物などを見るとカチカチに固くなっていて、とても水に溶けるようには見せません。ねばねばした部分以外の固い部分はセルロースで、こちらは水には溶けないのです。

文部科学省の日本食品標準成分表2015年版を見ると、海藻類は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の量は記載がなく、食物繊維総量のみが記載されています。これは、実はネバネバしているフコイダンやルギン酸の影響で、水溶性と不水溶性を分離することが難しいからです。

フコイダンが豊富に含まれる海藻そのものは、食物繊維は多いものの、不水溶性食物繊維を含むため消化に時間がかかる食べ物です。

胃の調子が鈍っている時だと消化不良から胃を不調にする原因になることもあります。胃に不安を抱えている場合は、

サプリメントなど消化に負担のかからない形で摂取すると良いでしょう。

また、胃を守るためにフコイダンを摂取する場合は、カプセルや錠剤は胃で溶けるまでに時間がかかるので、早く胃にフコイダンを届けたいのならドリンクタイプがおすすめです。

その他、フコイダンを選ぶコツとして、認定健康食品(JHFA)かどうかを確認してみることもおすすめです。

平成29年から内閣総理大臣認定の日本健康・栄養食品協会でフコイダン食品が健康補助食品として認定健康食品(JHFA)の対象となりました。これにより、安全なフコイダンを選ぶことができます。

まだ交付からそれほど時間が経っていないので認定されているフコイダン食品はまだ多くはありませんが、今後はさらに増えていくはずです。

参考:『日本食品標準成分表2015年版』文部科学省

胃と腸の両方を守ってくれる

免疫機能の約6割は小腸に存在し、胃と大腸とも密接な関係を持っていますが、

フコイダンには腸から免疫力を高める作用があり、免疫システムを担うマクロファージ、NK細胞を活性化させます。

胃腸の働きをコントロールしているのは自律神経です。この自律神経はストレスによって簡単に乱されます。胃と腸の働きは自律神経と密接に関わりを持っています。胃の動きをコントロールしているのは副交感神経。

ストレスで緊張状態が続くと胃の動きが鈍り、自分では気に病む程ではないと感じる程度のストレスであっても、胃粘液を減少させてしまうことがあります。

ストレス社会の中で、胃腸の健康を維持していくのは簡単ではありません。ですが、免疫力を高めることでフコイダンは胃と腸の働きを助けてくれるのです。

フコイダンに胃がんに対抗する力がある可能性

通常は、新しい細胞が生まれると古い細胞は死んでいくべきですが、がん細胞になるとコピー、増殖していきます。

フコイダンは死ななくなった細胞に対し、正常にアポトーシスを誘導して自滅させると言われています。

また、通常の抗がん剤は使い続けていくと耐性が作られてしまい、徐々に効果が薄れていくことがほとんどです。

フコイダンはそのような抗がん剤の効果が低下していくことを防ぐ可能性があると期待されています。

その他にも、試験管レベルでは多くの論文がフコイダンのがんに対する有効性が報告されつつあります。

例えばフコイダンを含むガゴメ昆布から抽出した多糖類を用いての人の胃がん細胞へ与える増殖抑制作用を実験したところ、胃がんの抗がん剤として知られている5-FUフルオロウラシル)と同程度の抑制作用があったそうです。

現在、がんに対するフコイダインの効果はまだ臨床段階です。フコイダンそのものはサプリメント、健康食品として流通していて、実際がん治療の現場で使われることはありますが、現在は

あくまでも代替医療の一種として、抗がん剤に対し補助的に用いられているものであり、購入に際し健康保険は効きません。

しかし、代替療法としては非常に安全で手軽なものだと言えますし、フコイダンはもともと海藻に含まれていて、日本人が日常的に摂取している成分です。食品なので副作用はほとんどなく、食べる、あるいは飲むだけですから身体への負担も少ないのです。

参考:『海藻多糖類の機能・食品特性の活用』錦織孝史・北海道立食品加工研究センター

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る