本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

その他の効果・効用

フコイダンが持っているその他の効果・効用についてご紹介します。

育毛作用

髪の毛のイメージ

昔から「ワカメやモズク・昆布などの海藻類を食べると髪に良い」と言われることがありますよね。

市販の育毛剤・育毛ローションや育毛サプリにも、海藻エキスなど、海藻由来の成分が含まれているものが数多くあります。

「海藻類は髪にいい」と言われてきた大きな理由として挙げられるのが、海藻類に含まれている「フコイダン」という成分です。

フコイダンの頭皮に対する5つの作用

フコイダンは水溶性食物繊維の一種で、海藻類特有のネバネバしたぬめりの中に多く存在しています。そして、このフコイダンによる頭皮への作用としては、おもに以下のようなものが挙げられます。

  1. 保湿効果により頭皮を乾燥から守る。
  2. 抗炎症作用やアレルギー反応を引き起こすIgE抗体の過剰生成を抑え、頭皮トラブルを予防する。
  3. 血中の脂質を吸着し体外に排出させることで血液をサラサラな状態に保ち、頭皮の血行を改善する。
  4. ナチュラルキラー細胞を腸管内で活性化させて免疫力を高め、皮脂の過剰分泌をはじめとした免疫力低下にともなう異常反応を抑える。
  5. 繊維芽細胞増殖因子であるFGF-7の産生を促進し、毛母細胞の増殖ペースを上げるとともに、毛包の成長期を長く維持することに繋げる。

こうしたフコイダンの育毛作用の中でも特に注目すべきは、5のFGF-7産生促進作用です。2010年には、フコイダンにFGF-7の産生を促進する作用があり、育毛成分としての有用性がある、という趣旨の研究報告が出されて注目を集めました。[注1]

FGF-7は、別名・発毛促進因子とも呼ばれており、毛乳頭から産生され、髪の成長や、成長期を長く維持することに大きく関わっている因子であり、薄毛の人の多くはこのFGF-7の産生が少なくなっていることが知られています。

実際薄毛治療で多く使われている育毛剤・ミノキシジルにも高いFGF-7産生促進作用があることが知られています。

[注1]タカラバイオ株式会社:ガゴメ昆布由来フコイダンの毛乳頭細胞におけるFGF-7産生促進作用[pdf]

フコイダンはミノキシジルと比較し副作用のリスクがない

ミノキシジルは強い作用を期待できる反面、医薬品成分ならではの副作用リスクがつきまとうという、大きなデメリットもあります。

事実、ミノキシジル含有の育毛剤として有名なリアップX5の副作用発現率は8.0%であると、製造販売メーカーである大正製薬が公表しています。[注2]

8.0%という数字は、「約12~13人のうち、1人には副作用が出る」ということになりますから、決して低い数字ではありません。長く使用し続けることに怖さを感じる人も多いでしょう。

その点、海藻由来成分であるフコイダンなら、そうした副作用のリスクもまずありませんので、安心して長く使える、というのが大きな強み。

もちろん大量に食べたからと言って効果が比例して現れるわけではないので、食べる量はほどほどにする必要はありますが、薄毛に悩んでいる方は日々の食事に積極的に海藻類を取り入れてみると良いでしょう。

フコイダンの摂取を心がけつつ、フコイダン配合の育毛サプリや育毛剤等をプラスし、内外からしっかりフコイダン摂取をしていくという形にするのが、一番のおすすめと言えます。

育毛サプリや育毛剤選びの際は、フコイダン以外の成分についても、その安全性をしっかりとチェックしておきましょうね。

[注2]大正製薬:リアップX5プラスの発毛効果データ

肌の保湿作用

フコイダンは海藻に含まれているヌルヌルとした成分であることからもわかる通り、保湿作用が高いです。例えば、海辺に打ち上げられた昆布を目にしたことはないでしょうか。打ち上げられてからしばらく経っている昆布でもまだまだたくさんの水分を含んでいます。これもフコイダンによる働きだといえるでしょう。

海の中には砂や小石など様々なものが流れており、海草が硬いと簡単に傷がついてしまいます。海藻に含まれているフコイダンはこういった刺激から身を守るためにも役立ってくれるのです。

実はフコイダンの持っている高い保湿効果は偶然見つかりました。昆布を取り扱う人の手がとてもキレイであることに気付いた研究者の方がその理由について調べた際に、昆布に含まれているフコイダンの持っている保湿効果が関わっていることがわかったのです。

肌の乾燥に悩んでいる方もフコイダンを取り入れてみましょう。

乾燥肌の方を対象にした化粧品などにもフコイダンが含まれているケースもあります。アトピー肌の方は肌が乾燥するとかゆみが激しくなりますよね。そのため、高い保湿作用を持ったフコイダンは乾燥によるかゆみを抑えるのにも効果的なアイテムとして活用されています。

アトピーに限った事ではなく、美肌を作るためには肌の中に水分を閉じ込めることが欠かせません。肌が乾燥しているとしわができやすくなるだけでなく、ニキビや吹き出物などのトラブルに繋がってしまう可能性も高くなるのです。

肌の新陳代謝機能も衰え、肌トラブルが起きた際にそれが治りにくくなる可能性もあります。ただ保水をしただけではどんどん水分が蒸発してしまうため、保湿成分を持ったフコイダンが含まれる化粧品などを取り入れて水分の蒸発を防ぎましょう。

花粉症・アトピーなどのアレルギー緩和作用

花粉症のイメージ

フコイダンの持っている保湿作用はアトピーに悩む方にとってもおすすめだとご紹介しましたが、それだけでなくフコイダンにはアレルギーの緩和作用もあります。

アトピーだけでなく、花粉症に悩んでいる方もチェックしてみましょう。

そもそも、アレルギー性疾患になる大きな原因はどこにあるのかというと、これは自己免疫力が深く関係しています。

私達の体の中には細菌などから体を守るための免疫力が備わっているのですが、その免疫力が働きすぎたり、間違った働きをすることによりアレルギー症状が起きることがあるのです。

外から異物が入ってきたことを感知した体は免疫細胞を使って抗体を作ります。この抗体のうち、アレルギーと深い関係を持っているのがIgEと呼ばれるものです。IgEは少量作られる分には特に問題はないのですが、過剰に生成された場合には免疫反応も過剰に起こり、これがアレルギー反応に繋がります

では、なぜIgEが過剰に作られてしまうことがあるのでしょうか?それは、体が持っている免疫機能に何か乱れがあった場合に分泌されすぎてしまうことがあるためです。

フコイダンは免疫機能を整える働きを持っています。免疫機能さえ整っていれば必要以上にIgEが作られることはないため、アレルギー反応を抑えることにもつながるわけですね。

アトピーだけでなく、花粉に悩まされている場合も同じく過剰な免疫反応が原因となっているため、フコイダンを取り入れてみましょう。睡眠不足やストレス、生活習慣の乱れなど様々なことが理由で免疫機能は崩れやすいので、生活が不規則だと実感している方もアレルギーに備えてみてくださいね。

血圧/血糖値上昇抑制作用

血圧が高かったり、血糖値が高い状態が続くと体は大きなダメージを受けることになります。実はフコイダンにはこの両方を下げる働きがあるのです。高血圧や高血糖に悩まされている方はフコイダンを取り入れてみましょう。

まず、血圧が下がる仕組みについてですが、血圧の高い方は塩分を控えるように指導されますよね。塩分といえばナトリウムです。塩分は少量であれば問題ありませんが、たくさん摂り過ぎると体にとって良くありません。そこで、体はその塩分を薄めようと血液中にたくさんの水分を取り込みます。

これは血液の量が増えることも意味しているのですが、このような状態になると血圧の壁に圧力がかかり、心臓の負担が増えて血圧が上がってしまうのです。

フコイダンには血圧が上がる大きな原因である過剰分のナトリウムを体外へ排出する働きがあります。これにより、血圧が下がるわけですね。

血糖値についてはフコイダンが食物繊維の一種であることが大きく関係しています。よく食前に野菜から食べた方が良いと言われますが、これは食物繊維が豊富に含まれている野菜類を先に食べておくと血糖値の急上昇を抑える働きがあるからです。

これだけでもフコイダンが血糖値の急上昇を抑えるのに役立ってくれることが想像できますが、フコイダンは粘着性が高いこともあり、食べ物が移動する速度を抑えられる働きもプラスされ、更に血糖値の急上昇を抑えてくれます。

しかし、血糖値の急上昇を抑えたいと思っていても毎日食前に野菜を食べるのは難しい方もいるかもしれません。そういった場合でもフコイダンを含むサプリメントなどであれば無理なく取り入れていけるのではないでしょうか。

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る