本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

抗酸化作用

フコイダンの効果としてひとつあげられるのが、抗酸化作用です。抗酸化とは、活性酸素の攻撃を抑え込む力のこと。フコイダンの抗酸化の働きとしては、過酸化脂質とタンパク質が結びつくことによってできる老化色素「ポフスチン」ができるのを防ぐことができます。

体の強敵、活性酸素とは

《画像の説明》

そもそも抗酸化というのはどういうことなのでしょうか。人は空気を吸って生きています。空気の21%が酸素で体の中で栄養として結びつき、エネルギーとして使われています。しかし、すべてがエネルギーになるわけでなく、使われなかった分は酸化。この体に余分な酸素が体にたまり活性酸素という物質に変わってしまうのです。

活性酸素とは悪者のイメージですが、体内では細胞を酸化させることは免疫の働きに欠かせないもの。しかし、酸化する量が多すぎるのが問題となるのです。必要以上に酸化が進んでしまうことで、老化や様々な病気を引き起こす原因に。動脈硬化やガン、生活習慣病などの予防のためにも、抗酸化は大切なことなのです。

私たちの体に必要なフコイダンの効果

しかし、私たちは毎日酸素を吸い、年を取っていくことで、酸化してしまうのは免れません。毎日日光にあたれば紫外線も原因となりますし、環境汚染物質もあふれ、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、ストレス、喫煙など、活性酸素が増えてしまう要因は色々あります

毎日健康的に暮らすように心がけがやはり大切なこと。そして、もうひとつ、体のためにできるのが効果的な成分を含むサプリメントを飲むこと
フコイダンは、抗酸化作用にとても優れた成分であり、健康づくりのために毎日摂取すると抗酸化対策として有効だと言われています。

「抗酸化作用」が癌に有効な仕組み

抗酸化作用は癌細胞の鎮静化に有効と考えられています。まだ実証されたと断言することはできませんが、抗酸化作用によって癌を改善させる効果があると主張する研究機関はあるのです。

私たちの体は、老化や紫外線などの影響によって少しずつ「酸化」しています。酸化とは酸素が体内に入り込むということ。普通の酸素であれば問題はないのですが、老化などにともなって入り込む酸素は活性酸素と呼ばれ、様々な健康被害を引き起こす、いわば黒幕のような存在なのです。
この活性酸素を抑える働きが抗酸化作用です。ポリフェノールやビタミンCの抗酸化作用がよく知られています。

人間の体の不具合は、ほぼすべてに活性酸素が絡んでいると見られています。
老化、動脈硬化、パーキンソン病、高血圧症、そして癌も、原因の一部に活性酸素の存在が考えられています。

そのため、活性酸素の活動を弱くすれば、これらの病気の進行を緩めることができるかもしれません。抗酸化作用は、癌治療の効果が期待されている働きもあるのです。

学術的にはどうなの?フコイダンの「抗酸化作用」効果

緑茶

様々な研究機関の実験により、フコイダンには抗酸化作用があるということが分かってきましたが、詳しい仕組みについてはまだ判明していません。
強い抗酸化作用を持つ物質としては、赤ワインやチョコレート、緑茶などに多く含まれるポリフェノールが知られていますが、フコイダンの抗酸化作用もこのポリフェノールによるものではないかと、現段階では考えられています。

フコイダンが持つ抗酸化作用の特徴のひとつに、作用の安定性があります。
代表的な抗酸化物質であるビタミンCなどは、抗酸化作用は強いものの作用が非常に不安定なため、自分自身が酸化させられてしまい抗酸化作用を発揮できなくなる場合があります。
その点、フコイダンの抗酸化作用は弱まることがなく、安定性があると言われているのです。

なお、フコイダンに抗酸化作用があることはほぼ判明していますが、それがヒトの癌を治す効果があるかどうかについては、まだ分かっていません。あくまでも抗酸化作用がある、という段階までしか明言できないのです。

フコイダンと癌に関する研究事例

マウスに癌細胞を移植後、通常の水および濃度5%のフコイダン水を与えた場合の癌細胞への影響を調べた研究事例をご紹介します。

癌による体重減少

マウスに癌細胞を移植すると、1週間後から体重が減少することが分かっています。そこで、フコイダンの影響により体重減少が抑制されるかどうかが調べられました。

十件開始から2週間後に通常水を与えたマウスの方が、平均7グラムほど体重が減少しているのに対し、フコイダンを混ぜた水を与えたマウスは優位な体重減少が見られませんでした

癌細胞の体積測定

癌細胞が大きくなっているかどうかについて、見た目及び実際の体積測定の2点から調べられました。

通常水を与えたマウスの方が肉眼で見ても癌腫瘍が大きいことが分かり、さらに体積の実測値も1700mmほど大きくなっていたことが分かりました。

さらに、通常水のマウス群は腫瘍細胞が周辺組織に浸潤していましたが、フコイダン水を投与したマウスは明らかに周辺組織への腫瘍細胞の浸潤が抑制されていることが分かりました。[注1]

[注1]日本静脈経腸栄養学会:沖縄モズク由来アセチルフコイダンの癌抑制効果[pdf]

フコイダンが癌細胞に働きかける仕組み

先述のような結果が得られたメカニズムとして、フコイダンが癌細胞のアポトーシスを誘導したことが考えられます

アポトーシスとは簡単に言えば細胞の自然死です。例えば、オタマジャクシが変えるに成長する際、尻尾が消えていきますよね。これはあらかじめ遺伝子上でプログラミングされた細胞の死なのです。傷づいたDNAを持つ細胞が増えて蓄積していくと、その傷を治さない限り癌化する可能性があります。

こういう異常な状態を癌抑制遺伝子が検知して、この細胞が自然に死に向かうよう促すのです。フコイダンにも癌抑制遺伝子と同じ作用があると考えられます。

フコイダンと抗酸化作用の研究事例

肝硬変の元となる肝線維化は活性酸素が誘因となることが分かっていますが、フコイダンは活性酸素を抑制し、抗線維化に寄与していることを示す研究結果があります。

肝臓は線維化されると徐々に固くなり、最終的に肝硬変になりますが、その誘因の1つがN-ニトロソジエチルアミンという物質です。これによる肝臓の線維化を起こさせたラットに高分子量のフコイダンを含む水を与えたところ、活性酸素や細胞を損傷させるフリーラジカルを除去する働きのある「メタロチオネイン」の発現を増強させました。

さらに、肝臓細胞の損傷具合を示すMDA値も下げたことから、活性酸素除去機構を介する抗線維化作用があることが推察されています。[注2]

[注2]群馬県地域共同リポジトリ:肝硬変モデルラットにおけるフコイダンの抗線維化作用[pdf]

フコイダンと免疫機能に関する研究事例

ナチュラルキラー細胞(NK細胞:癌細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃する)と血液中の抗体であるIgE(アレルゲンと結合してアレルギー反応を起こす)について、フコイダン摂取によってどのような影響があるのかについて調べた研究では、下記のような結果が得られています。

  • 平均的なNK細胞保有者にはさほど変化は見られませんでしたが、平均より少ない人はNK細胞が増強する
  • 血液中のIgEは有意に低下した。

また、口から入る病原微生物やインフルエンザなどのウイルスに対する粘膜免疫について、唾液中のIgA(抗体の別種類で、血清や鼻水などに多く存在する)が重要な役割を果たしますが、フコイダンによってIgAの分泌を強くさせることも分かっています。

特に、IgAの分泌が低下している人により大きな働きが現れます。さらに、腸管でのIgA分泌も促されることが分かっているため、フコイダン摂取が免疫増強に関わっている可能性が十分に考えられます。

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る