本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

胃がんとの関係

胃ガン

知らず知らずのうちに進行してしまう、胃がん。どのような症状や治療方法があるのかを紹介します。

胃がんとは

胃がんは胃の壁の粘膜内にある細胞ががん細胞となり、無秩序に増殖していく病気です。胃がんにかかる方は40歳以上が多く、日本では肺がんに次ぐ2番目に患者数が多い癌です。

胃がんは検診で見つかる大きさになるまでは何年もかかるため、早期発見されにくいと言われています。知らず知らのうちに胃壁の中へ広がって粘膜表面に現れない「スキルス胃がん」というものもあります。

胃がんの症状・転移

胃がんは症状の現れ方が人それぞれ異なります。進行の程度に関わらず症状が全く現れない方もいれば、早い段階から胸焼けや胃痛、黒い便がでる方もいます。この時点ではまだ胃炎や胃潰瘍にも見られる症状なのですが、定期的な検診を受けることで、初期症状から胃がんの早期発見につながることがあります。

また、胃がんは他の癌に比べると初期段階での転移は少ないのですが、増殖が進んで筋肉にまで達すると進行胃がんとなってしまいます。進行胃がんになると腹膜に移転したり血流にのり肝転移を起こしたりすることもあるので、注意が必要です。

胃がんの治療法

胃がんの治療方法は進行具合・ステージによって異なります。ステージはX線検査やCT、超音波内視鏡、胃内視鏡検査を行い、IA・IB・II・IIIA・IIIB・IVの6段階に分けます。ステージはIAが早期、IVが最も進行した癌を表します。

胃がんの治療には「外科手術」「化学療法」「放射線療法」がありますが、最も重要なのは外科手術です。その理由は胃がんには抗がん剤や放射線があまり効かないといった特徴があるから。そのため手術で癌の組織をしっかりと取り除くことが大切です。

抗がん剤はすでに癌がかなり進行している方や手術後の再発予防のために用いられます。放射線も治療目的ではなく出血を止めたり痛みを緩和するために併用することが多いです。血行性転移や腹膜転移をしている場合は、特にこのような療法を併用して胃がんを治療していきます。

胃がんとたたかうためには

胃がんとたたかうために、まず重要になるのが再発や転移の予防です。良い医師に外科手術をしてもらいがん細胞を取り除いても、再発や転移の可能性はあります。病院での治療を継続しつつ、自分で取り組める代替医療も行うことで、癌の再発や転移の可能性を低くすることが可能です。

そこでおすすめなのが、体の免疫力を高めること。生活習慣の改善や食生活の見直しなどで免疫細胞を活性化できれば、がん細胞の増殖を抑制して転移を防ぐことも期待できます。

胃がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

胃がんとフコダインの関係とは

フコダインはさまざまながんに効果があるといわれています。そのなかでも胃がんに対しては、ヘリコバクターピロリを抑制して、胃がんの予防をするということが報告されています。[注1]

フコダインはヘリコバクターピロリ菌を抑制して胃がんを予防できる

胃がんになるリスクは、喫煙や飲酒といった生活習慣に加え、ヘリコバクターピロリ菌(ピロリ菌)に感染することで高まると言われています。

ピロリ菌は1994年にWHO(世界保健機関)によって、「確実な発がん因子」と認定されています。ピロリ菌に感染することで胃の粘膜が痩せていく「萎縮」がはじまります。この状態が進行すると胃がんになる可能性が高まります。

ピロリ菌に感染していない人としている人で、10年間のうちの胃がん発生率は、感染していない人は0%、感染している人だと2.9%となっています。

フコダインのうち、ガゴメ昆布由来の「U-フコダイン」はピロリ菌の感染を抑制します。

スナネズミを用いた実験では、ヒバマタ由来のフコダインではみられなかったピロリ菌感染抑制の効果が、ガゴメ昆布由来のU-フコダインでは現れたことが報告されています。[注2]

フコダインはピロリ菌を便と一緒に排出する

ピロリ菌は硫酸基に集まる性質を持っています。フコダインは、硫酸基で構成されているため、ピロリ菌は胃の粘液でなく、フコダインに集まりやすくなります。フコダインは集めたピロリ菌をそのまま便と一緒に排出します。

ピロリ菌を除去しておくと胃がんの再発率を減らせる

早期胃がんを治療した場合でも、ピロリ菌をそのままにしておくと、新たに胃がんが再発する可能性もあります。

研究では、早期胃がん治療後にピロリ菌を除去した人は、除去しなかった人に比べ、3年以内に胃がんが再発するのは、約1/3という報告があります。

フコダインでピロリ菌を除去しておくことで、新たな胃がんの発生を抑えられるのです。

臨床報告からみるフコダインの胃がんへの効果

フコダインの胃がんへの効果を、臨床報告から紹介します。[注3]

肝門部リンパ節に転移した腫瘍の減少

胃がんになり腫瘍がリンパ節に転移したことで、高分子CUAフコダインの投与をはじめたケースでは、腫瘍マーカーの数値が減少したことが認められています。

噴門部の腫瘍が消失

検査により噴門部の腫瘍が見つかったケースでは、脳梗塞や狭心症などの疾患もあったため、抗がん剤を一切投与せず、高分子CUAフコダインのみを投与。1日約3.0mgを投与した結果、投与開始から2ヶ月後には腫瘍がほぼ消失したという報告があります。

胃がん手術後がん性腹膜炎が回復

胃がんの手術後、がん性腹膜炎が治癒したケースでも高分子CUAフコダインが用いられています。

このケースでは、抗がん剤、タキソテールと高分子CUAフコダインを併用して使用。一日約4.0mgのフコダインを投与した結果、食事が摂取できるまでに回復しています。

難治性胃潰瘍が回復

がん化することが考えられる難治性胃潰瘍の治療では、それまで投与していたプロトンポンプ阻害薬(PPI)に加えて、フコダインの投与もスタート。フコダインも投与するようになって約4ヶ月で、難治性胃潰瘍が改善されています。

[注1]ピロリ菌のお話.jp:参考:胃がん

[注2]タカラバイオ株式会社:ガゴメ昆布「フコイダン」のヘリコバクターピロリ感染抑制作用

[注3]NPOフコイダン研究所:癌に関する臨床報告

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る