本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

膵臓がんの関係

膵臓がんとは

“肝臓がん"

膵臓がんとは、膵臓に悪性腫瘍が発生するがんの一種です。60歳ごろから増加し、高齢になるほど患者数が多くなります。膵がんとも呼ばれています。

膵臓は、胃の後ろ側にある長さ20センチほどの小さな臓器です。インスリンなどの内分泌ホルモンを調整したり、タンパク質の消化に必要な膵液を作り出したりする作用があります。膵臓がんは臓器が小さく、また症状が現れにくいことから発見が難しく、現在の日本において死因の第4位という高い順位のがんであり、肺がん、大腸がん、胃がんに次いで死亡者数の多いがんです。[注1]

膵臓がんの症状・転移

膵臓がんの特徴は、他のがんと比較すると目立った症状が出にくいという点です。早期の状態では食欲不振や腹部の違和感などが起こることがありますが、目立った症状がないことから見過ごされやすく、この時点で発見されることは少ないと言われています。

症状が進行してくると、膵菅が塞がって腹痛を起こしたり、胆管が塞がって黄疸が出現したりすることがあります。また、インスリンを作る機能に異常が発生し、糖尿病を発症する場合もあります。

膵臓がんの治療法

がんの進行状況や状態によって異なりますが、治療の第一選択には手術が選ばれることが多いです。転移が見つかった場合や血管に腫瘍が広がっていた場合は、抗がん剤や放射線療法を組み合わせて治療が行われます。

膵臓がんとたたかうためには

膵臓がんは発見時にはある程度ステージが進行していることが多く、また一度手術に成功してもその後の転移が恐ろしいがんでもあります。膵臓がんはがんの中でも特に転移しやすいがんとして知られており、約90%が再発するともいわれるほどの高い再発率を持っています。[注2]

そのため、一度手術を受けた後でも油断せず、抗がん剤治療や免疫力の向上に努めることが大切です。

肝臓がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

膵臓がんとフコイダンの関係とは

フコイダンとは

フコイダンとは、褐藻類と呼ばれる海藻類に多く含まれているぬめり成分です。フコイダンを含む褐藻類の中には私たちの食文化に馴染み深いわかめ、昆布、もずくなどの海藻も含まれており、海藻を食べる機会が多い人はそれだけ日常的に口にする機会が多い成分でもあります。海藻は古来より健康に良いと言われてきましたが、近年の研究によってその健康作用はこのフコイダンという成分によるものなのではないか、ということが徐々に分かってきました。

フコイダンによる膵臓がんへの有用性

膵臓がんはステージが進行した状態で発見されることも多く、また再発率も高いので、現在の状況に適した治療を受けることに加えて、治療に耐えられるだけの免疫力を培うことも重要となってきます。近年の研究で、フコイダンにはがん細胞を自然死へと誘導する「アポトーシス誘導効果」があることが分かってきました。フコイダンによる抗腫瘍免疫増強効果と合わせれば、抗がん剤治療の効果もより高めることができるのではと期待されています。

フコイダンと抗がん剤の併用はできる?

フコイダンはそれ単体にも抗がん作用があると期待されている成分ですが、抗がん剤による治療と組み合わせることでさらに効果を発揮するのではないか、と推測されています。フコイダンががん細胞へ及ぼす作用を研究している九州大学大学院の研究結果によると、がん細胞に抗がん剤であるシスプラチンのみを投与したときと、シスプラチンに加えて低分子化したフコイダンを投与したときの結果を比較したところ、フコイダンを投与した方は投与していない方と比較して2倍強のアポトーシス誘導効果が認められたそうです。[注3]

また、アポトーシスが増強されると抗がん剤の量を減らしながら効果の高い治療を施すことが可能になることから、抗がん剤による副作用を減らすのではないかとも期待されています。

[注1]国立がん研究センター東病院:膵がん

[注2]セレンクリニック東京:がんの基礎講座‐膵臓がんが再発・転移した場合

[注3]九州大学大学院細胞制御工学教室:海藻由来酵素消化低分子化フコイダンの抗腫瘍効果を中心とした研究

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る