本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

肺がんとの関係

肺がんとたたかうには免疫力アップがポイント?肺がんの基礎知識や治療法を紹介。

肺がんとは

肺がん レントゲン

肺がんは、肺や肺と隣り合う気管支などの細胞に発生するがんです。近年患者数が増えており、日本では罹患者数や死亡者数が最も多いと言われています。

肺がんと言うと喫煙歴のある方がなりやすいとのイメージがありますが、喫煙歴がなくとも肺がんになる可能性はあるので注意しましょう。

肺がんの怖さは初期症状がほとんどないことです。何か異変を感じ検査を受けて肺がんを発見したときには、すでにかなり進行していることが多いと言われています。

そのため肺がんは他のがんに比べると死亡者数が多い危険ながんだと言えます。

肺がんの症状・転移

肺がんの初期症状はほとんどありませんが、2週間以上続く空咳や、過度な痰、痰にうっすらと糸のような血が混じる血痰などがあります。肺がんが大きくなってくると、息切れや息苦しさ、喘鳴(ぜいめい)、嗄声(させい)、疲れやすい、胸の痛みなどの症状が現れます。これはがんによって肺の機能が低下したり、気管や気管支が細くなってしまうためです。

肺がんは他の種類のがんに比べると、転移をしやすいがんだと言えます。血液の流れに密接に関わっているため、血流にのって別の臓器へとがん細胞が移動しやすいのです。肺がんのなかでも肺の組織内に悪性の細胞が見られる“小細胞がん”は、特に早期から転移が見られる傾向があります。脳転移や骨転移、肝臓転移などは特に転移しやすい場所です。

肺がんの治療法

肺がんの治療は、主に外科手術や放射線療法、薬物療法がメインとなります。治療法は肺がんの種類やステージによって異なります。外科手術ではがんのある部位を切り取って治療しますが、肺だけでなく全身に転移している場合は外科手術だけでは手に負えません。全身のがん細胞の活動を抑えるためには、抗がん剤を使用します。特に薬物療法が効果的なのは、他のがん細胞よりも細胞が小さい「小細胞肺がん」だと言われています。

肺がんとたたかうためには

肺がんとたたかおうと思ったら、病院での治療だけでなく、他の癌と同様に生活習慣の改善を視野にいれましょう。喫煙をしている方ならまず喫煙をやめる、体の老化を抑える抗酸化作用のある食品を食べる。漢方やアロマ、マッサージ、健康食品など、代替医療も様々な種類があります。どれにせよ大切なのは、体の細胞を活性化して免疫力を高めることです。免疫力が高ければ、がん細胞の増殖を抑制したり転移を防ぐことができます。

肺がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

肺がんとフコイダンの関係とは

フコダイン

現在における肺がん治療では、欧米医学に勝るものはないと言われていますが、抗がん剤が中心となる治療には「副作用」と「薬剤の耐性」の問題が必ずついて回ります。

それを解消するための代替治療として今まさに注目されているのがフコイダンです。

肺がんにおけるフコイダンが及ぼす効果は、「アポトーシス誘導作用」「免疫力強化作用」「血管新生抑制作用」の3つ。それぞれをわかりやすくご説明します。

フコイダンのアポトーシス作用

人の体には60兆にもなる細胞で構成されており、通常は新陳代謝によって古い細胞は死滅し、新しい細胞へ生まれ変わることで健康を維持しています。

細胞ひとつひとつには遺伝子情報が組み込まれているのですが、通常は一定期間を終えると死滅するよう情報が組み込まれています。その死滅行為を「アポトーシス(作用)」と呼んでいます。

正常な細胞が死んでいく一方で、その中で死滅することなく増殖を続ける細胞があります。それがいわゆるがん細胞です。

フコイダンは、死なずに増殖を続けるがん細胞を、正常な細胞のように自ら死滅していく効果があると言われています。

遺伝子変化によってリンパ節などの多臓器に転移する肺がん細胞の遺伝子変化を、フコイダンの力によって抑制させることができれば、肺がんの進行を遅らせることも可能となります。

フコイダンの免疫力強化作用

フコイダンは、抗がん剤治療における副作用を抑え、免疫力を高める効果も期待されています。

タフながん細胞と戦うには、ある程度の体力と免疫力が欠かせませんが、その2つを抑制してしまうのが抗がん剤による副作用です。

肺がんの抗がん剤治療による副作用として問題となったのが「間質性肺炎」。肺がん患者の間質性肺炎の炎症をステロイドで抑えようとすると、一緒に免疫も抑制され、そのせいでがん細胞は急激に増殖してしまうというケースがありました。

免疫力がなければ抗がん剤投与は非常に危険なものになってしまうのです。

NPOフコイダン研究所の「抗がん剤治療の副作用緩和の効果検証」によれば、マウスに抗がん剤を投与して副作用を誘発させ、その後フコイダンを投与していったところ、副作用で低下していた免疫力が上がったことが確認されています。[注1]

免疫力を維持できていれば、更に放射線治療の併用も可能となります。肺がんの根治も絵空事ではなくなるかもしれません。

[注1]参考資料:内閣府認証 特定非営利活動法人 NPOフコイダン研究所:抗癌剤治療の副作用緩和作用について

がん細胞の血管新生抑制作用

怪我をすると、その傷口を治そうとして既存の血管から新しい血管が作られます。それを「血管新生」と言い、がん細胞においてもこの活動が確認されています。

がん細胞は不死化、増殖を行い、転移と浸潤で症状が進展しています。この転移と浸潤の過程で関与しているのが血管新生です。

つまり、血管新生によって血管が増えると、それだけがん細胞の転移経路が増えるということになります。

NPOフコイダン研究所で行われた血管新生抑制効果の検証によると、「ヒト臍帯静脈由来血管内皮細胞に対し、モズクフコイダンとメカブフコイダン、酸緩衛生理食塩水を添加して検証を行った結果、2種類のフコイダンで血管新生の抑制が確認でき、特にメカブ由来のフコイダンの方がより強い効果が認められた」とあります。[注2]

肺がん細胞は他と比べて学習能力が高く、治療を続けていくうちに抗がん剤への耐性を身につけていきます。

肺がん細胞の血管新生を抑制できれば、がん細胞は成長できなくなり、増殖や他臓器への転移を防げる可能性があるのです。

ステージや症状によっては抗がん剤治療や放射線治療ができない場合がありますが、そんな場合でもフコイダンの作用は非常に希望が持てるものとなっています。

[注2]参考資料:内閣府認証 特定非営利活動法人 NPOフコイダン研究所:血管新生抑制について

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る