本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

肝臓がんとの関係

初期の自覚症状が少ない肝臓がん。特徴や治療法、予防法などを紹介します。

肝臓がんとは

“肝臓がん"

肝臓がんには大きく分けて2種類に分類されます。はじめから肝臓に発生する「原発性肝臓がん」と、他の臓器から転移して発生する「転移性肝臓がん」です。「原発性肝臓がん」もさらに肝臓の細胞に起こる「肝細胞がん」と、胆管細胞に起こる「胆管細胞がん」の2種類に分かれます。肝炎ウイルスに負けて感染すると、肝硬変を起こすケースもあります。

肝臓がんの症状・転移

肝臓がんは初期にほとんど自覚症状がでないのが特徴です。そのため肝臓がんだと発覚したときにはすでに進行しているケースが多いものです。癌が進行するとお腹の右上にしこりができたり黄疸ができたりします。さらに進行するとお腹に水がたまる腹水や腫瘍が破裂して出血し、腹痛や腹部膨満、出血性ショックなどの症状がでることも。ただし日本では肝臓がんの検査や判断は非常に高水準なので、肝臓がんの半数以上は癌が2~3cm程度の段階で発見されることが多いと言われています。

また肝臓がんは、進行すると肝臓にある大きな血管から全身に転移を起こすことがあります。特に肺転移や骨転移は多く、他にも腎臓や副腎、胃などにも転移が見られます。同じ臓器内で転移が起こる「肝内転移」も肝臓がんの特徴です。肝臓のあちこちにがん細胞が発生することで、急激に肝機能が落ちてしまいます。

肝臓がんの治療法

肝臓がんの治療は、外科手術、局所療法、冠動脈塞栓術が基本です。外科手術では癌の腫瘍を完全に取り除くことを目的に行われます。局所療法は皮膚の上から癌の部分に長い針を直接刺して、局所的に治療していく方法です。外科手術よりも患者の体への負担が少ないのですが、完全に癌を取り除くことはできないため再発の可能性が残ります。冠動脈塞栓術は冠動脈の内部に小さなゼラチンスポンジを詰めて血流を止め、がん細胞へ栄養を与えないようにする方法です。大きな癌に効果的ですが、小さな癌への効果は少ないという特徴があります。外科手術や局所療法を組み合わせながら治療していくことが、肝臓がんの一般的な治療法です。

肝臓がんとたたかうためには

肝臓がんは早期発見が難しいため、見つかった段階での積極的な治療と肝臓がんの再発・転移を予防するための対策が重要です。特に予防は他の癌と同じように、生活習慣を見直すだけでも効果があります。飲酒や喫煙を控え、規則正しい生活で健康的な毎日を送りましょう。さらに効果的なのが、免疫細胞を活性化させることです。副作用が少なく、今の治療に組み合わせることができ、サプリなどで手軽に実践することができます。肝臓がんにどう立ち向かっていけば良いかを悩んでいる方は、免疫力向上も積極的に取り組みましょう。

肝臓がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

肝臓がんとフコイダンの関係とは

肝臓がんの治療は、外科手術や局所療法、肝動脈塞栓術が基本となりますが、中にはそれらが適応しない患者さんもいらっしゃいます。そのような場合に考慮されるのが、抗がん剤を使用する化学療法です。

ただ、肝臓がん(肝細胞がん)に使用出来る抗がん剤の種類は少なく、副作用が強く出てしまったり、薬剤の耐性がついてしまい効果が見られなくなったりすると、治療をあきらめざるを得なくなってしまいます。

抗がん剤を使用して肝臓がんと闘うには、抗がん剤の薬物耐性を防ぎ、副作用を抑えることが重要な目標となります。

下記では注目の成分であるフコイダンに焦点を当て、薬物耐性防止と副作用抑制の作用についてまとめました。

フコイダンには薬物耐性を抑制させる作用がある

がん細胞は体内の栄養分を得るために血管新生を行うことで増殖や転移を続けると考えられています。

抗がん剤にには血管新生を抑制させる効果がありますが、初期には有効であったとしても、繰り返し投与すると抵抗性を持ち、薬が効かなくなってしまいます。

さらに強く悪性度の高いがん細胞へと変異することもあり、現在も医師や研究機関の課題ともなっています。

そこで発見された期待の成分が「フコイダン」です。

内閣府認証特定非営利活動法人NPOフコイダン研究所の検証結果にもあるように、フコイダンによるがん細胞の血管新生抑制は確かに認められています。[注1]

抗がん剤治療での代替治療としてはもちろん、同時に副作用を最小限に抑えられるとして今最も注目されている成分です。

肝細胞の組織を再生促進させる作用

フコイダンの摂取により、肝臓組織の再生に効果が期待できるということがタカラバイオ研究所の細胞実験によって判明しました。[注2]

肝細胞増殖因子(HGF)はたんぱく質の一種で、肝細胞に対する強い増殖促進作用があることで知られています。研究ではフコイダンに肝細胞医増殖因子の再生を促す作用があることを解明しました。

実験で2種類のフコイダンを使用し、肝細胞の増殖促進作用がどれほどあるかを測定した結果、一方のフコイダンからは強く認められ、もう一方のフコイダンでは認められなかったとあります。

抗がん剤の副作用で肝機能が低下するといった免疫力低下はよく知られていますが、肝臓のがん細胞と闘うには強い肝機能を維持するのも重要です。

肝機能をサポートして副作用による免疫低下を抑えることができれば、治療の成果も期待できるというわけです。

フコイダンが肝細胞がんに効果をもたらした実例

フコイダンによる肝臓がんへの効果を臨床報告からご紹介します。

独学で知ったフコイダンで肝細胞癌が消滅

B型肝硬変に合併した38mmの肝細胞癌に対し、肝拡大後区域切除術行ったのち、同年に肝内に多発再発、一部肺転移が認められました。

患者が独学で調べたフコイダンの大量摂取法に温熱療法も併せて行った結果、2週間後の腹部超音波検査では肝内の再発癌が不明瞭化しました。

3ヶ月後の腹部CT検査では肝内の再発癌、肺の転移癌供は著明に縮小し、半年ほど経過したときには、腹部CT検査で肝、肺ともにほぼ癌は消失していました。(47歳女性)[注3]

転移した肺のがん細胞がフコイダンで消失

C型肝硬変から肺転移合併肝細胞癌の男性に全身化学療法実施しても効果は出ませんでした。さらに、血痰排出も見られていました。

そこでフコイダン30ml/日使用を開始したところ、2週間で血痰が治まり、3ヶ月後には、成人の肝細胞癌で作られる因子のAFP(α-フェトプロテイン)、がんの進行とともに増加する因子であるDCPの量が改善されました。

また、胸部X線で肺転移癌が消失し、血痰もフコイダンの使用開始で見られなくなりました。(78歳男性)[注3]

こういった臨床的な結果が出ていると、より信頼度が増しますよね。

フコイダンを用いた治療を検討してみることも手段のひとつかもしれません。

[注1]内閣府認証 特定非営利活動法人 NPOフコイダン研究所:血管新生抑制について

[注2]タカラバイオ株式会社:カゴメ昆布「フコイダン」の組織再生促進作用

[注3]内閣府認定特定非営利活動法人 統合医療と健康を考える会:フコイダン投与が著効したstage4b肝細胞癌の一例

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る