本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

肝臓がんとの関係

初期の自覚症状が少ない肝臓がん。特徴や治療法、予防法などを紹介します。

肝臓がんとは

肝臓がんには大きく分けて2種類に分類されます。はじめから肝臓に発生する「原発性肝臓がん」と、他の臓器から転移して発生する「転移性肝臓がん」です。「原発性肝臓がん」もさらに肝臓の細胞に起こる「肝細胞がん」と、胆管細胞に起こる「胆管細胞がん」の2種類に分かれます。肝炎ウイルスに負けて感染すると、肝硬変を起こすケースもあります。

肝臓がんの症状・転移

肝臓がんは初期にほとんど自覚症状がでないのが特徴です。そのため肝臓がんだと発覚したときにはすでに進行しているケースが多いものです。癌が進行するとお腹の右上にしこりができたり黄疸ができたりします。さらに進行するとお腹に水がたまる腹水や腫瘍が破裂して出血し、腹痛や腹部膨満、出血性ショックなどの症状がでることも。ただし日本では肝臓がんの検査や判断は非常に高水準なので、肝臓がんの半数以上は癌が2~3cm程度の段階で発見されることが多いと言われています。

また肝臓がんは、進行すると肝臓にある大きな血管から全身に転移を起こすことがあります。特に肺転移や骨転移は多く、他にも腎臓や副腎、胃などにも転移が見られます。同じ臓器内で転移が起こる「肝内転移」も肝臓がんの特徴です。肝臓のあちこちにがん細胞が発生することで、急激に肝機能が落ちてしまいます。

肝臓がんの治療法

肝臓がんの治療は、外科手術、局所療法、冠動脈塞栓術が基本です。外科手術では癌の腫瘍を完全に取り除くことを目的に行われます。局所療法は皮膚の上から癌の部分に長い針を直接刺して、局所的に治療していく方法です。外科手術よりも患者の体への負担が少ないのですが、完全に癌を取り除くことはできないため再発の可能性が残ります。冠動脈塞栓術は冠動脈の内部に小さなゼラチンスポンジを詰めて血流を止め、がん細胞へ栄養を与えないようにする方法です。大きな癌に効果的ですが、小さな癌への効果は少ないという特徴があります。外科手術や局所療法を組み合わせながら治療していくことが、肝臓がんの一般的な治療法です。

肝臓がんとたたかうためには

肝臓がんは早期発見が難しいため、見つかった段階での積極的な治療と肝臓がんの再発・転移を予防するための対策が重要です。特に予防は他の癌と同じように、生活習慣を見直すだけでも効果があります。飲酒や喫煙を控え、規則正しい生活で健康的な毎日を送りましょう。さらに効果的なのが、免疫細胞を活性化させることです。副作用が少なく、今の治療に組み合わせることができ、サプリなどで手軽に実践することができます。肝臓がんにどう立ち向かっていけば良いかを悩んでいる方は、免疫力向上も積極的に取り組みましょう。

肝臓がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る