本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

乳がんとの関係

乳がんの基礎知識からフコイダンによる免疫力の向上効果まで、乳がんとたたかうためのアドバイスをします。

乳がんとは

乳がんは主に女性の乳房にある乳腺にできる腫瘍です。40~50代の女性が罹患することが多く、日本人は年間4万人が発症していると言われています。乳がんは乳腺の小葉部分にできる「小葉がん」、小葉をつないでいる乳管にできる「乳管がん」に分類されていますが、乳がんにかかった方の9割近くは乳管部分にできる『乳管がん』だと言われています。

乳がんの症状・転移

乳がんは1mmから1cmになるのに15年かかると言われるほどで進行が早いわけではありません。ただし血液やリンパの流れに乗り遠隔転移をすることも多く、乳がんは非常に転移しやすいがんです。肝臓や肺、脳などにも運ばれることがあり、その部位で正常な組織をどんどん破壊していきます。

乳がんは病状に合わせてステージ0からステージ4に分類されます。それぞれの症状の特徴は次の通りです。

ステージ0 しこりも見つからない、ごく初期の段階です。また転移の可能性も低く、手術で完治も可能。10年生存率は95%を超えます。
ステージ1 しこりは2cm以下で、転移していない状態です。この時点で乳房の切除手術をすれば、10年生存率は90%となります。
ステージ2 しこりは2~5cmほど、脇の下のリンパ節転移があるかないかでa期とb期に分類されます。どちらも乳房とリンパ節の切除手術をすれば10年生存率は80%になります。
ステージ3 しこりが出っ張っていたり、転移が見られたりする場合など、症状によってa期・b期・c期の3つに分類されます。しこりのサイズは2cm以下でも状態によってはステージ3になることもあり、サイズで判断は難しいものです。いずれにせよ、10年生存率は60%になります。
ステージ4 リンパ節転移のほか、肺や肝臓、骨、脳などに転移しているケースです。標準治療後に乳がんが再発した場合もステージ4に分類されます。ステージ4は10年生存率が25%ほどと、厳しくなります。

乳がんの治療法

乳がんの治療は、外科手術、放射線治療、薬物治療の3つが標準です。乳がんは乳房からの発生でも全身に転移する可能性があるので、まずは乳房の一部や全体を摘出する外科手術を行い、抗がん剤やホルモン剤によって全身療法を行うのが一般的です。

外科手術も今は乳房の一部を切除することと放射線治療を組み合わせることで、全摘手術と変わらない効果を受けることが可能になりました。そのため乳がん手術を受ける半数以上が、現在は一部切除のみを行う乳房温存手術を受けています。

乳がんとたたかうためには

乳がんの場合、最も怖いのは『転移』です。肺やリンパ、骨などに転移することでステージも大きく変わり、10年生存率も下がってしまいます。乳がんとたたかうには、まず再発・転移を起こさないようにしっかりと対策をすることです。自分でできることの一つとして今すぐ実践できるのは、免疫力の向上です。

初期治療が終わったあとは、もともと人間の体に備わっている免疫力を高めることで、がん細胞に負けない体を作ることができます。手術後、体内に微細な乳がん細胞が残っている場合でも、免疫力さえ高ければやっつけることも可能です。初期治療で最善を尽くしたあとは、まず自宅でゆっくりと体を休めること。その後適度な運動や健康的な食事を続けて、基礎体力を回復していきましょう。

乳がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る