本当に良いフコイダンって?おすすめサプリガイド

フコイダンサプリを濃度で比較!

抗がん剤との関係

抗がん剤での治療とフコイダンの摂取を併用することで、どんな効果があるのか。

抗がん剤とは

抗がん剤は、がんの薬物療法の一つで、がん細胞の増殖を防ぐために用いられる治療法です。手術や放射線による治療はがんに対して局所的に行われる治療ですが、抗がん剤は広い範囲の治療に使うことができるため、がんの転移が疑われるとき、転移を予防するとき、血液やリンパのがんなど広い範囲の治療が必要なときなどに用いられます。

抗がん剤単独で治療をすることもありますが、外科手術や放射線治療と組み合わせて行うことも多いです。抗がん剤には「アルキル化剤」や「分子標的薬」「プラチナ製剤」などいくつもの種類があり、その中から適切なものを医師が判断して投与してきます。

抗がん剤の主な副作用

抗がん剤は細胞自体や細胞内にあるDNAにダメージを与えることを目的に投与されます。がん細胞は細胞分裂が活発なので、その分抗がん剤の攻撃を受けやすくなります。ですが盛んに分裂や増殖をするのはがん細胞だけではなく、正常細胞でも造血細胞や口腔粘膜、毛細細胞、消化管粘膜などの部分は活発な細胞分裂をしているため抗がん剤の影響を受けやすくなるのです。正常細胞が抗がん剤に攻撃を受けると、ダメージが副作用となって現れます。特に起こりやすいのは吐き気や白血球の減少、脱毛などです。

抗がん剤とフコイダンの関係性

フコイダンは昆布やワカメなどに含まれるぬめり成分です。フコイダンに関する様々な研究が進み、フコイダンには人間の防衛機能を回復させて免疫力を向上する作用や、血液上昇植生、中性脂肪抑制、血液凝固抑制、抗腫瘍、抗アレルギーなどの作用があることが分かりました。つまりフコイダンは本来人間が持っている自然治癒力を高めてくれるのです。

抗がん剤は投与すればがん細胞の増殖を抑えることができますが、がん細胞だけでなく正常細胞にもダメージを与えて副作用をもたらします。一方でフコイダンにはがん細胞自らが死を選ぶ「アポトーシス作用」や免疫システム全体の活性化、血管新生を抑える作用などがあり、これらを副作用なしで得ることが可能。このため抗がん剤の代替療法としてもフコイダンは注目されています

抗がん剤とフコイダンを併用した方の口コミ

「医師から「入院して抗がん剤治療をしましょう」と言われました。抗がん剤で延命ならできると言われ、それなら別の治療法はないものかと探し、フコイダンに行きつきました。結局抗がん剤とフコイダンを併用したのですが、抗がん剤の副作用は全くなく、投与後も少し体が疲れる程度で済んでいます。」

「乳がんの手術を受けた直後から、フコイダンを飲んでいます。さまざまな治療と併用ですが副作用がなく、6年たった今でもがんの再発や転移は見られません。がん細胞の抑制があると聞いて始めましたが、その通りだと思いました。」

「あと2ヶ月だと余命宣言を受けながら治療を続けていた時にフコイダンに出会いました。毎日液体タイプのフコイダンを飲み続けたところ、食欲が増えて体重も増えました。数か月後の検査では残っていた腫瘍が消滅して医師もびっくり。今はもうそれから6年経ちますが、毎日元気に過ごしています。」

がんとたたかうためには、まず免疫力の向上を

がん治療では抗がん剤などの治療が用いられるのが標準ですが、自分で取り入れられることは実践をして、少しでもがんの増殖や再発、転移を予防しましょう。フコイダンは人間本来が持っている免疫力を高める作用があります。体内の免疫細胞を刺激して元気にさせ、さらに数を増やすことで免疫システム全体を活性化。免疫システムが強くなれば体内にあるがん細胞の増殖を抑えられ、再発や転移の心配も少なくなります

がんとたたかうために…免疫力アップに効果的な方法

フコイダンの優秀サプリメントランキングを見る